スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吹雪の中のスキー(アルツ磐梯スキー場)

1月16日(日)寒い朝、まだ暗いのに続々アクロスメンバーが集まってきた。総勢十二人。それぞれが三台の車に分乗して、一路アルツ磐梯スキー場に向かった。アルツ磐梯についてからは一日中吹雪だった。もちろん晴れ間の見える時もあったがほどんと吹雪。風も強い。だから寒い。吹雪で前方が見えない時もあった。しかし雪質だけはパウダーで最高だった。それだけに非常に滑りがいい。一見、自らの技術が向上したようにも見える。滑っている時は気分最高だ。ただ、気候の関係で多くは滑れない。多い人で十回ぐらいか。日頃、どんどん滑るKさんでも六回滑ったほどだったという。それほど全員風と吹雪で悩まされたわけだ。いまアルツは猫魔とつながったと言うが、それはリフトでつながったわけではない。シャトルバスで行き来するだけだそうだ。もちろん、リフト券は共通とか。だが、われわれはアルツだけで滑った。それにしても今回の行事ではアクシデントが多かった。その例をあげると、道中、一台の車のワイパーが凍り付き動かなくなったので持参したお茶で氷を溶かしたとか、スキーキャリアのカギが凍り付いて開けるに大変だったとか、リフトからストックを落として拾うのに苦労したとか……まーいろいろあったわけだ。これもアクロスの特徴かも……。ある人は、今回のアルツ磐梯スキー場行きはスリルがあって非常に楽しく面白かったと言っている。それほど、いろいろのあったスキー行事だったかも知れない。ただし残念のは今回は吹雪のため写真が少なかったことだ。





少ない写真の1つ……貴重な写真だ
スポンサーサイト

新年あけましておめでとうございます                ……会長あいさつ

 



 昨年は、アクロスが四〇歳になった年でした。それにふさわしく多くの活動をしました。猪苗代スキー場の初滑りに始まり、上越国際、杉ノ原の一泊スキー、胎内スキー場でのスキースクール、毎年の蔵王一泊スキー、野沢温泉スキー場、滑り納めはグランデコスキー場、そして4月からは登山でたくさんの山へ登りましたね。とりわけ天候にも恵まれました。しかし7月の森吉山は雨の中の山行でしたが花の百名山だけあって、素晴らしかったですね。また県スキー協の権現堂山登山への参加協力や笹岡小学校、神山小学校の五頭登山サポートで、私たちのアクロスも地域で評価されてきています。そして両小学校からは毎年のサポートをお願いされるまでになっています。
 今年は四一歳の年。いよいよ働き盛りです。大いに今年も皆さんのご要望を聞き楽しく活動していきたいと思います。いま、不況の嵐が吹き荒れていますが、不況なんかブットバシテ、フィールドへ飛び出し、四一歳の熟年パワーを発揮しようでははありませんか。

 今年は、皆さんにとっていい年でありますよう、心からお祈りします。                     元旦 
プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。