頑張るスキー場、それを応援するアクロス

今回の参加者は11人。昨日まで気温が高く一部雨模様だったのでゲレンデの調子を心配していたが、当日(22日)になると天気が回復し、気温も下がり、曇りだったが、午前中はゲレンデはガリガリの状態だった。そのためスピードが出た。しかし、よく圧雪・整備されていたため、滑りは快調だった。
舞子スキー場の正式名はセントレジャー舞子スノーリゾート。ゲレンデも急斜面が少なく、コースも長く、滑りを楽しめる絶好のスキー場なのだ。まさにスノーリゾートだ。そのためか、県内だけでなく関東からのスキーヤーも多い。それには福島の原発事故もあるかも知れない。通常なら福島に行っているはずのスキーヤー、スノボーが新潟・上越線沿線に流れ込んで来ているためかとも言わているが、事実その通りかも……。それだけはない。上越沿線のスキー場はどこでも十九歳未満を無料にしたり、駐車場の無料化などいろいろなサービスを展開して、スキーヤーなどを呼び込んでいるのだ。そうした努力の反映もある。舞子もそうだ。舞子はそのほかに、火曜日を男子割、水曜日を女子割と言ってそれぞれリフト券の割引を行っていると言う。こうした努力のためか、上越沿線のスキー場は全体として昨年よりスキーヤーなどが増えているという。喜ばしいことだ。われわれアクロスも大いに応援したい。
われわれは、舞子で楽しみ、帰路についたのは午後三時。途中、味見屋で夕食を食べて水原に着いたのは午後七時半だった。今回の行事に金澤会長、石月さん、加藤さんがそれぞれ車を出してくれた。感謝せねばと思う。また今回の行事で1人会員が増えた。










謹賀新年

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR