スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「会報」100号が発行

とうとう「会報」も100号になりました。たしか第1号は2003年発行でしたから、約9年が経過したことになります。今回は100号記念特集としてつくろうと思ったのですがやはり、それには会員の皆さんの協力がないと無理です。毎号でもワンパタンで苦労しているのに100号記念特集となるととても大変です。いずれか、皆さんのご協力を得て今年中になんとかしたいと思っております。今回の100号は、スキースクールと「鴨鍋を囲む」新年会特集です。スキースクールについては石月さんが書いて下さいました。大雪の中のスキースクールであり、新年会でしたが、楽しかったですね。どうぞ、ご期待下さい。



スポンサーサイト

脂がのったかも汁は実に美味い!!

いつものことだが、アクロスの新年会は、楽しい。大いにスキー話や登山のことで盛り上がる。やはり今回もそうだった。今回の新年会の特徴はなんと言っても鴨鍋を囲んで飲み、食べ、ダベッたことだ。新年会での鴨鍋は実に3年ぶりだったか。さすがに脂ののった鴨汁は美味い。涎が出るほど美味かった。民商の難波さんが裁いて、金澤会長の奥さんが味付けしてくれたものだが、本当に美味かった。この新年会には約25人が参加。例年ならもっと多くの会員の参加したろうに、今年は25人だったが、その背景にはなんと言っても例年にない大雪がある。だって会場周辺さえ1m以上の雪があり、入るに入れない状態だったほどだったのだ。なんとか、新年会を成功させようと、前日、スキースクールから帰った人たちがシャベル、ダンプ、除雪機を持ち寄って除雪した。田辺さんなどは夫婦で参加してくれた。その甲斐あって、新年会当日は、苦無く会場に入ることが出来た。さらにこの新年会には、いろいろな人から差し入れがあったことも報告しなければならない。美味い酒、ワイン、ビール、さらに白根のお菓子などもあった。集まった会員はそれらの品々を心から味わいながら、飲み、食べた。心からお礼を述べたい。新年会は、新らしくなった酒井南町町内会長の乾杯の音頭で始まったのだが、終わったのは開会から4時間後の午後10時であった。いやはやたのしい新年会だった。




大雪の中のスクール

例年ならば、30人近くの参加者なのだが、今回はその約半分。16人(うち1人子ども)の参加者だった。それは阿賀野市が例年になく大雪だったからだ。ある人は、「家族に屋根の雪下ろしもせねばならないので、おめさん遊びに行くの!と言われて、とても行けない」と言って辞退した。そういう事情の会員が多かったようだ。それにしても、この日は、ときどき吹雪くなどの天気だったが、どこから集まってきたのか、胎内には多くのスキーヤー、ボーダーがいた。しかも雪質も良し、積雪量も良し、スキー日和でもあった。そのためか、参加者は大いにスキーを楽しんだ。なお未完成の動画だが田中監督・撮影のものを載せましたのでどうぞご了承下さい。











「会報」99号が今日発行

今回は、1月企画の舞子スキー場行きを特集。紀行記は加藤さんと信田さんに書いていただきました。非常に楽しいものになっておりますので、どうぞ、ご期待下さい。


プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。