役員会で8月までの行事日程決まる

3月28日、役員会を開催し、8月までの日程を決闘・討議・決定しました。これについては後日「会報」にてお伝えします。



緊急番外編 箕輪行き

この日は彼岸の入りであったことから、参加者は少なく3人であった。気温が高かったのでゲレンデコンディションはどうかと気にしたがさほど問題はなくやはり箕輪だ。午前中はバンバンだ。3人はどんどん滑りまくった。ある人はこれで今季は満足したと言っていた。









池の平・赤倉リゾートで大奮闘

3月7日~8日、池の平・赤倉リゾートスキー場にアクロスから12人参加し、大いに滑ってきた。これらのスキー場は、気温が高かったせいか昨年とくらべてゲレンデコンデションがきわめて悪く午後になるとブクブクと言うほど雪質が良くないし、コースが荒れていた。急斜面ではいかに足を取らないようにするかで苦労した。もちろん、上の方は下よりいいが……。そのなかでアクロスA級グループはそんな悪路もものともせず、上級コースを猛スピードで滑り込んでいた。それでも疲れたと言っていた。それ以外は大変だった。上級コースになると移動するだけでも大変だった。昨年は快適に滑り込んでいたのに……と思うと情けなくなる。やはりゲレンデコンデションが悪くとも滑りこなせるよう日頃のトレーニングが必要だと痛感した。今回のスキー行事は、一泊スキーであるので当然のことながら、宴会は大いに盛り上がった。振り返ってみるとやはり楽しいスキー行事だった。































蔵王で大いにスキーを楽しむ

さすが蔵王ですね、ゲレンデコンデションがそんなに良くなくても蔵王は違う。いくらでも挑戦できる広くて長いコースがたくさんあり、格別のスキー場だ。今回は、地球温暖化のせいか、よくわからないが百万人ゲレンデ以上の高いところにはガスがかかって、前も下も見えない状態だったし、ゲレンデの状況も標高の高い高いところでは、アイスバーン状であり、低い方は、粗目の状態だった。いままでに見たこともない蔵王だったように思う。蔵王と言えばパウダーが売り物だが今回はまったく違っていたわけだ。それだけに参加者は、みんな苦労した。なにせ、どこをどう行けばいいのか、初日は10m先も見えない状態だから、中央ロープウエーで鳥兜駅まで行ったはいいが、つぎのリフト乗り場が見えない。滑っていて前の人の姿も見失うしなわないよう、必至になって滑った。滑ると言うより移動するのが精一杯なのだ。そんな蔵王だった。翌日は、前日より多少ガスが弱くなったがそれでも大変だった。そんな状態が皮肉なものでわれわれが帰る3時間ぐらい前から晴れだしてきた。そんななかでアクロスの万バーは、大いに滑り込んできた。苦労したが楽しく思い出深い蔵王行きとなった。

























プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR