初滑りを心ゆくまで堪能

12月20日(日)、総勢9名が新年度アクロス初滑りに参加。と
ころが、今回の初滑りは異例ずくめだった。まず出発時間になって
も肝心な人であるKさんがこない?。「どうしたのだろうか」とみ
んな心配。「まさか?」と思い電話すると「いま起きたばかり~」
とのこと。そのため、出発は30分遅れ。しかも、当の本人は慌て
て家を出てきたためか、「ゼン」を忘れてきた。つづいて、Yさんも
慌てたためか、ヘルメットを忘れてきた。
 スキー場へ向かう車の中、スキー場をグランデコから急遽猪苗代ス
キー場に変更することになる。どこも去年とちがって雪があるからだ。
アクロス隊が猪苗代スキー場についてみると、なんと駐車料金が全日
無料だと言う。これも異例だ。そのうえ本日オープンの為か、なんと、
リフト券も一日券3000円と安い。ゲレンデは、どうか。新雪でバ
ンバンで申し分ない!。
 この度の初参加者は、田辺さん夫妻と若曽根さん。若曽根さんは稲
垣さんや石月さんらと斜度のあるコースをマイペースで滑っていた(
「これでは関川さん、加藤さんはすぐにでも追い越されるのでは?」
との声も……)。田辺さん夫妻には、金澤さんと吉田さんが午前中指導。
田辺さんの旦那さんは、午前中でだいぶ疲れたみたいで、午後からは休憩。
奥さんは、黙々と初級コースを滑っていた。リフトからそれを見ていた金
澤会長は、「もう少しで、パラレルターンができるじゃないかな」と言っ
ていた。野村さんも慣れたモノで黙々と滑りこんでいた。
 みんな、初滑りを心ゆくまで楽しんだ。午後3時頃まで滑りこんでいた
ためクタクタ。帰りは言うまでもなく近くの温泉に浸かり、疲れを取る。
水原に着いたのは6時半頃。みんな無事帰ってきました。(T)
































































コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR