スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

急斜面の多い野沢温泉スキー場

野沢温泉スキー場には、小雪がちらついた。われわれが野沢温泉スキー場の長坂駐車場に着いたのは午前9時頃。車を停め、準備してゲレンデに出ると、まず長坂ゲレンデで足慣らし。その後、日陰ゲレンデに出て、ゴンドラ、リフトと何回か乗り継いでいきなり山頂を目指す。山頂は1650mあり、日陰ゲレンデとの標高差はなんと1000mはあろうか。そのため、山頂からのコースはパウダーだ。それでもところどころ、ガリガリと言うアイスバン状態が露出していた。
かつて野沢温泉スキー場で滑ったときは雪質はパウダーで非常に滑りやすく、気持ちが良かったのだが今回の野沢はそうではなかった。滑っていて、ときどきスキーが雪の固まりを乗り上げ、板が空中を飛ぶようなことが度々あった。「オット、危ない」とヒャーとする一瞬だ。そんな状態が何遍もあった。
そこで見えてきたのは……野沢温泉スキー場は、昨日まで雨混じりだったのではないかということだ。そんな状態のところが、夜冷え込んでところどころアイスバン状態になり、そこへ新雪が降った。朝、圧雪したのだろうか、そのうえにさらに新雪が若干積もる。そのためか、アイスバン状態のところもあり、またパウダーのところもある。そして滑っているうちにところどころに雪の小さなコブもできた。あまり慣れない者にとってはこれでは滑りにくいことこの上ない。急斜面では、とりわけスピードは出せない……ということだ。
それにしても野沢温泉スキー場は急斜面が多いスキー場だ。表示は中級コースと書いていても、どちらかというと上級コースのように感じる斜面が多い。中級・上級とあるところは、まさに上級コースだ。たとえば山頂から日陰ゲレンデに行く途中のチャレンジコースなどは中級コースと書いてあるが中級どころではない。まるで上級コースのように急斜面だった。そんなのがなんと2カ所もあった。だから山頂から滑ってくると日陰ゲレンデまで約1時間はかかるし、汗びっしょりだ。疲れる。今回参加した男性メンバーはいうまでもなく4人の女性たちもみんなわけなくこうしたコースを滑っていくが、筆者にとっては大変だった。
ところで、アクロスは野沢温泉スキー場で午後3時まで滑り、その後、言うまでもなく温泉に入ってきた。入った温泉は新田の湯。7人はいれば一杯になるような湯船だが、それでもやはりここの湯は最高だ。さすが由緒ある野沢温泉だ。われわれは、この湯に浸かり、一路水原に向かった。今回は温泉三昧を目的に小川画伯も参加して下さった。画伯のイラストが楽しみである。



長坂ゲレンデ前で勢揃いした参加者たち





準備体操中











新田の湯前にて





同じく新田の湯の前にて





解散前の挨拶中の会長

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。