スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二つの山を登る

予定の高森山は今年の大雪のため登山道に木が倒れていたり、雪がまだ残っていたりして登山禁止になっていたので急遽沼沢湖周辺の散策に変更するという。そこで気楽に行ったのだが、それがなんと816mの惣山と835mの前山の二つの山を登る登山だった。この二つの山は沼沢湖の外輪山でもあると言う。沼沢湖は、5000年前の噴火口が湖になったもので、水深が深く、しかも東北1の透明度をもつ美しい湖だ。新緑も美しい。この登山に会員16人が参加。われわれはいつも駐車場が使えず民商駐車場に切り替えて水原を午前6時20分頃出発した。沼沢湖に午前8時過ぎに到着。まず惣山を目指す。これがかなり急登の連続であった。山頂には午前10時頃だったろうか着いた。そこでちょっと休んで、下山。次に前山に向かう。この登山のためにわれわれは約200m下山し、さらに210mも登った。それだけにアップダウンが激しい。ちょうど正午ごろ前山山頂に着き、そこで昼食を取る。その後、また下山。ところがこの下山道は急勾配の連続だった。もし前山側から登山すると急登の連続だったろう。そんな感じの下山であった。そのためか、途中、一人は滑り転び、一人は滑って小川に落ちた。もっとも惣山登山途中で一人は転んだが、別にケガもなくみんな元気そのものであった。この周辺散策に約4時間かかった。次に、われわれは、ワラビ採りに向かった。なにせ金山町は山菜で有名なところだからだ。ところがわれわれが行ったときはまだワラビは小さくまだ採るには早すぎた。引き返し、途中で3人が帰路につき、他の13人は、三島町の温泉「つるの湯」に浸かり、疲れた体を癒す。この「つるの湯」は只見川渓谷の絶景を見ながら風呂に入るいい温泉であった。われわれは、その後安田で夕食を取って水原に着いたのは午後7時半過ぎだったか。今回の登山は五頭山を2回登るようなものでかなり厳しいものであったが、その登山をみんなと一緒にやり、かつ自らの車を出して長い間、運転してくださった小林さん、金沢会長、担当者の吉田さんに心より感謝申し上げます。本当にありがとうございました。





























































コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。