スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化性の高さを示した納涼会

 連日、これまでにない猛暑がつづき、皆ウンザリしていた。

そんななか 「暑さに負けてたまるか、この暑さを吹っ飛ばそう!」と、25人がアクロス恒例の納涼会に、集まってきた。当初、29人の申し込みがあったのだが4人が急用ができて欠席となったため、若干例年より少なかったがそれでも25人が集合。しかも、納涼会には、生ビール10リッター、缶ビール1函、日本酒4本、枝豆、茄子漬け、キュウリ漬け、大きなスイカなど飲み食べきれぬほどの多数の差し入れがあった。

 納涼会は、まず金澤会長の挨拶ではじまり、生ビールで乾杯がおこなわれ、大いに盛り上がった。

 今回の納涼会の特徴は、なんと言ってもアクロスの文化性の高さを示す点にあった。というのは、座の途中から、野村さんの指揮で、田辺さん、小林さんの二人による合唱で名曲などが紹介され、全員で何曲も歌ったからだ。こんなことはアクロスでは初めての出来事だ。というのは、アクロスの納涼会と言えば、飲むことが中心だったからだ。歌は、「夏の思い出」「ふるさと」「荒城の月」などが歌われ、会場には文化の波が広がった。皆は、心ゆくまで飲んだのだが、それでも日本酒はほとんど余り、缶ビール2函も余った。こんな事はいままでにないことだ。今回の納涼会はいままでにない思い出深いものとなった。午後9時半、参加者たちは、この納涼会から明日への新たなエネルギーをもらい、帰途についた。

















全員総立ちで合唱する





石月さん差し入れのどでかいスイカ……これがまた美味いんだわさ





これは美味いと大げさに強調するダンディー加藤さん

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。