スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

視界15mの登山 それでも木曽駒はいい山だった

今回の企画は、夏の納涼会で急遽決まったものだった。この超緊急企画に参加したのは、金澤会長、中村さん、新井田さんの三人。水原を新井田さんの車で午前3時出発。駒ヶ根高原シャトルバス乗り場着午前8時10分着。ロープウエーで高低差950mを一気に登り、千畳敷駅着9時30分。駅を出ると風が強くガスがかかっていた。「金澤さんの日頃の行いが悪いからこんな天候になる」「いや、それは中村さんの行いのせいだろう」などと言い合うほどの悪天候だ。まさに視界15m。それでもカールにはいろいろの花が咲き誇っていた。ハクサンボウフウ、シナノオトギリ、サクライウズ、クルマユリなどなど。さすが高山植物の宝庫だ。カールから八丁坂の急登を登り乗越浄土に10時半ごろ立つ。風が強いため宝剣山荘で休憩。ここで新井田さん、天候の悪さで戦意喪失し「おらここにいるから、二人で行きなせいや」とダウン。二人は、その後、中岳に11時10分、本岳に11時30分着。山頂に着くと東京から来たという若い女性数人がいた。そこで?鼻の下を長くして?一緒に写真を撮ってもらう。昼食。下山開始12時20分。宝剣山荘12時50分着。ここで新井田さんが待っていた。しらび平3時前着。3時10分バス発。駒ヶ根温泉ホテルに到着。美味いビールを飲む。翌日、三人は下見のため木曽御嶽山に行く。

















東京の若きガールとともに





風が強く、ガスっていて、寒い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。