またも雨の中の登山

どうもこのところアクロスは雨にあたる。今回の登山も雨であった。今回の参加者は16人。午前五時すぎ、長谷川さん運転のマイクロバスで公民館を出発。途中ビックスワン駐車場で3人が合流して一路小諸へ。高峰高原ホテル前に到着。雨であった。しかも寒い。「こんな悪天候の中、本当に行くの?」との声もあったが、全員黙々と雨具を着て登山開始。最初から急だ。車坂山を越え一旦下り、それからまた急な登山道を登る。紅葉は美しい。ところが山頂近くになると台風のような猛烈な風が吹いていた。避難小屋を出ると黒斑山と浅間山の間の谷間から「ゴウー」と言う音とともにすさまじい風が吹き上げてくる。まるで15m以上の台風だ。「赤ゾレの頭」に出ると飛ばされそうになる。本来ならここから浅間山が真っ正面に見えるのだがガスっていて何も見えない。風で子どもは危ない。手も寒さで凍えそうだ。この状況から急遽、リーダーの長谷川さんは「登頂中止」を宣する。ただちに下山組と羽田さんと合流して下山する組とに編成替え。ところが羽田さんが来たので、長谷川さんと関口さんの二人のみ山頂まで行き、他は一緒に下山することになる。途中、雨の中で昼食。昼食中に長谷川さんと関口さんも合流。25分で頂上に行ってきたという。全員、昼食後約一時間で下山。高峯高原ホテルで温泉につかり、午後四時近くホテルを出て一路水原へ。公民館到着は午後八時近くか。水原も雨であった。今回も本当に長谷川さんにお世話になった。それにしても参加者一同は今回の登山に懲りたのではなく「また来たい」との思いを募らせる登山であった。また今回の登山者のなかに小4の律君と小1のさっちゃんがいた。たいしたもんだ。脱帽だ。














プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR