スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気持ちのいい登山だった

子ども4人を含めて21人の参加者が長谷川さんの運転する中型バスで水原を出発。出発するときはまさに雨だった。ところがトンネル(関越)を抜けるとそこは曇りだった。それが登山口についたときは晴れ間の見えるいい天候に変わっていた。しかも登山道は乾いていて、登りやすかった。梅雨の蒸し暑さはどこにもなかった。まさにスッキリとした気持ちのいい登山日和だった。
浅間隠山は、中高年に人気の山らしく、途中きつい登りがあるものの、想像した以上に登りやすい山だった。頂上近くになると、遠方の富士山が見え始め、眼前に大きな浅間山がデンと現れる。浅間山は、噴煙を噴き上げてその偉大なる姿を見せていた。存在感ある山だ。この日は、梅雨の合間なのか、寒気におおわれているせいか、雲があってもスッキリとして遠方まで見通せる天気だった。そのためか、われわれは運良く360度全体を見渡せることができた。富士山だけでなく中央アルプス、木曽駒なども見えた。ただ新潟方向は雲が厚いため谷川岳などは見えなかった。通常の浅間隠山山頂は、多くの人で混み合うそうだがこの日は幸いにもわれわれだけであった。この山頂で昼食を取り、午後一時半頃下山。帰りは、高崎市のはまゆう山荘で温泉につかり、越後川口SAで夕食を取り、ゆっくりと帰路についた。途中、巻の祭りの花火を見ることもできた。バスのなかでは宴会が盛り上がっていた。とにかく、皆さん、おおいに楽しんだ登山であった。




























プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。