今季登り納めの新保岳登山

雨のなかの登山であったが、参加者11人が登った。新保岳は村上にある標高852mの山だ。下の登山口が工事中のため、途中からの登りであったが、どうしてどうして結構、「急登に次ぐ急登の山」と言う感じの山だった。雨だったため、滑りやすかったので緊張して登ったが、周りの雨に濡れた紅葉は美しく、また格別だった。登山道も枯葉のジュウタンで歩きやすかった。山頂には、十時頃到着。山頂からは粟島が見えたが佐渡は見えなかった。さらに山頂には、一等三角点があったがそれらから観察するに、新保岳はこの辺の地図作成上の基準点になっているのだろうと思われる。われわれは昼前に下山。すぐに瀬波温泉に行き、風呂に入ったが温泉はいい。身も心も暖まった。参加者一同、アクロス今季最後の登山を満喫した一日であった。























プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR