世界に誇るべき大湿地・尾瀬で英気を養う

今回は、日帰りをふくめ参加者は15人。宿泊組が12人だった。この日は出発時から雨。尾瀬に着いてからも雨。雨具をつけての尾瀬乗り込みだ。雨の具合から当日の燧ヶ岳登山を中止。全員が沼山峠を通って尾瀬沼へ。われわれが沼山峠をこえて尾瀬に入ると一面ニッコーキスゲが咲いていてわれわれを歓迎してくれる。ビジターセンターで休憩してここで日帰り組の小川さん一家と別れて、泊まり組は一路、尾瀬沼の沼尻を通って、尾瀬ヶ原の端の見晴十字路の燧小屋へ。約3時間半の行程だ。その間、途中の沼尻で休憩・昼食。雨であったため木道は滑りやすく、みんな苦労した。とくに沼尻から尾瀬ヶ原までの間には沢登りのようなところもあった。尾瀬の山小屋はいわゆる山小屋とは違う。まさに旅館と思えばいい。ビールや食事はどこにもあるがここには風呂あり、便所ありなのだ。当然、入館してただちに一杯、食事してまた一杯だ。山小屋で聞いた吉田さんのハーモニカも良かった。音は心に染みた。翌日、曇りであったが途中晴れ間も出る素晴らしい風景を堪能しながらの帰路だ。燧ヶ岳への登山は雨模様のため中止で結局、全員、尾瀬のハイキングとなった。帰りは、檜枝岐から昭和村、柳津を通って午後9時頃着となった。尾瀬はいいところだ。

































プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR