スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風雨のなか秋田駒に登りました

 孫六温泉  6月13日午後11時、新潟よりフェリーで秋田へ。翌14日午前六時ごろ、秋田港に入港。秋田は晴れていた。高速道路を使い、田沢湖を目指す。田沢湖近くになると見えるはずの秋田駒が雲に顔を隠していた。秋田駒ヶ岳に近づけば近づくほど雨模様だ。バス乗り場「アルパこまくさ」に着くと雨がパラツてきた。そのバス停で、われわれは地震に遭遇。突然、バス停の地面が縦揺れに揺れたのだ。最初は自分がおかしくなったのかなと思ったが、その揺れがやがて地震とわかり、全員ビックリ。ひどい揺れなので、或いは駒ヶ岳で何か起きたのではないかと不安になった。しかし、バスが来たところを見ると周辺に異変は起きていないと思われ、八合目を目指す。八合目は雨だった。全員、雨具に着替える。外は、雨とガスで何も見えない。ここでYさんが小屋のご主人と相談して、秋田駒からの縦走を取りやめ、横岳を通って下山する下山ルートを取ることにする。この判断は実に的確だった。われわれは秋田駒ヶ岳へ。雪渓途中、雪渓あり。花は早いため、あまり咲いていなかったがそれでも多くの花を観賞することが出来た。さすが花の百名山だ。山頂近くの阿弥陀池近くになると雨が一層激しくなり、回りは何も見えない。阿弥陀池の避難小屋で一休みしてから山頂へ。山頂までは急な階段の連続で、風雨も激しくなる。寒い。登山中


 


 


 


秋田駒山頂


三十分ほどで山頂到着。その後避難小屋に戻ると小屋の一階は満員。二階にあがって食事。合羽を着たままの食事だ。このとき、SさんからYさん「地震があったが大丈夫か」とのメール来る。そのメールでわれわれは、アクロスに支えられていることを実感し感激。午後1時すぎ、雨の中を横岳、焼森を通って下山。途中、霰や霙に遭遇した。寒いわけだ。手袋もびしょ濡れだ。1時間で八合目小屋に到着。ホッとする。無事「アルパこまくさ」に到着。その後は一路、宿泊の孫六温泉へ。孫六温泉は寂れた秘湯のいい温泉だわれわれはすぐに風呂に入り、冷えた体を暖め実に気持ちが良かった。ところがこの孫六温泉は「秘湯」故、テレビも新聞もない。下界と切り離された別場所だ。地震の状況は全然わからない。地震のすごさを知ったのは帰宅してからだった。ここではわれわれは夕食前に一杯、夕食時も一杯、夕食後も一杯だ。


孫六温泉


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。