花の百名山・月山登山(7/20~7/21)

 今回の月山登山は、一泊登山であったのに13人が参加。これまでになく盛況だった。それにしても月山はいい山だ。百名山であり、花の百名山でもある。しかも夏スキーのメッカでもある。われわれが登っているとき、スキーやスノボーを滑っている若者たちがいた。残念ながら、晴れていれば頂上から鳥海山、朝日連峰、蔵王などを見渡せるのだが今回はガスで何も見えなかったが、それでも花はそれぞれきれいに咲いていた。われわれが登ったルートは、リフトで上駅1510mまで行き、そこから右側から雪渓を通って牛首に達し、そこから急坂を登り、鍛冶小屋に着き、山頂の月山神社をめざすものだった。


月山登山


 


ここでつらかったのはやはり牛首からの約1時間の急登か。しかも牛首からの急登は岩道だったので、道が狭く、われわれの登山が遅かったこともあり、頂上から下山してくる人たちと烈しくすれ違がった。なかには、子ども連れ、お年寄りの白装束の講中人などもおり、思わず頭が下がる思いがした。


月山


登山道の周辺に咲く花々はニッコウキスゲをはじめ汚れを知らない美しさで咲き誇っていた。


IMGP0080-1


 


 


 


 


 


 


月山登山


 


 


 


 


われわれは午後1時40分頃、登頂。山頂(1984m)には、期待していたクロユリは遅すぎて見られなかった。もう一週間早ければ……。 わIMGP0059-1れわれは、すぐ食事。下山開始は午後2時半頃だったか。


 


IMGP0084-1


 


 


 


 


下山し始めるとガスが消えて、日が差し込む。その分、花の百名山としての月山の姿が浮き彫りになった。汗をふきふき、ただ花の美しさに見惚れるばかりだった。われわれはリフト終了便で下山完了。ロッジに着くとロッジのベランダで冷えたビールで乾杯をしたがこのビールは実に美味かったこと、美味かったこと。その美味さ、表現できず。今回の月山登山は、ただただ感動あるのみだった。翌日は湯殿山神社、羽黒神社と出羽三山と巡る有意義な企画であった。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR