スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爽快感を満喫した初滑り

初滑りに十人が参加。暖冬のためか、当初予定の野沢温泉スキー場は積雪が四〇cmと少なく、急遽、九〇cmのグランデコスキー場に変更、ただちに福島に向かう。確かに途中に見るアルツや猪苗代スキー場にはあるはずの雪がない。やはりインターネットで調べたように滑れるスキー場が少ないのだ。福島でも滑れるところは、グランデコに猫魔か、箕輪だけか。新潟も長野も少ない。あの志賀でさえ四〇cmだと言う。やはり異常なのだ。だから、滑れるグランデコなどに人は集中する。グランデコは満員だった。リフト券売り場も人で一杯だった。リフトの待ち時間もどこでも一〇分以上。とにかくグランデコは、スキーヤー、ボーダーでいっぱいだった。しかも、スキー場は春のような晴天。最初は、雪質が良かったが時間とともに当然ゾケテ来る。それでも気持ちのいい初滑りだった。スキーの錆を落とすどころか、〝心の鬱積〟を吹っ飛ばすような爽快感を味会う初滑りだった。滑る嬉しさに浸った。


 ところが、今回、われわれに若干の異変がおきた。それを紹介すると
○「ガン」を理由に禁煙宣言していたKさん、突然、不良少年のように煙を吐き出す。「どうしたの?」と聞くと「Hさんに勧められたから……」などと人にせいにする。
○「今後はマーキングをしません」と断言したN氏。ゲレンデで突然、股を開いてやり出す。缶ビールを飲んだせいで、我慢が出来なくなったのだろう。「やめたんじゃない」と聞くと「それはあのときの話」と……。
○最長老のI氏。リフトに乗ろうと待っていたのだがなかなか来ない。そこで、「まー滑っていれば会うだろう、あの人なら……」とみんなが滑り出したのだが、最後まで行方不明。帰りにあったとき聞くと「便所から出たら誰もいないので一人で上級コースで滑っていた」と。剛毅なものだ。

 

IMGP0020-1

 

 

 

 

 

 

 

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

リーダー吉田さんの号令がかかる。「転ばないで……。頑張る……。行くぞー」

 

 

 

 

 

 

 

 

IMGP0010-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それ!」と飛び出していく……。

 

 

 

 

 

IMG_1516-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1524-1

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 われわれは、大いに初滑りを堪能して午後二時四〇分頃にスキー場を離れた。途中、ラピスカで温泉に浸かり、午後七時前に到着。
 それにしても自らの車を出し運転して下さったIさん、Nさん、Yさんに心から感謝致したい。本当にありがとうございました。来年もよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。