晴天の岩原スキー場をぶっ飛ばす

どうしたわけか、18日は晴天。担当者の田中さんが解散時のまとめで言っていたが、事務局長が総会で会長に送ったテルテル坊主が効いたのかも知れない。それほど、スキー場は雲一つない青空だった。しかも雪質は歩くとキュッキュと音がするほどいい。ゲレンデも広い。人も少ない。まさに「アクロスご一行様貸しっきり」という感じだった。岩原は歴史も古く有名なところ。これまでアクロスでは、スキー場までの距離の関係で福島が中心だった。上越線沿線は水原から遠いこともあり、あまり来なかったのだが、こんなに素晴らしいところとは知らなかった。ともかくゲレンデが広くて、思いっきりとばせるいいスキー場なのだ。湯沢のスキー場には、県内より関東地方からのスキーヤー、ボーダーが多いと言われている。その意味がわかる気がした。ともかくいいスキー場だった。今回の行事には12人が参加。うち女性が2人。どちらも初参加だ。1人はベテランで傾斜35度の上級コースをものともせずに滑っていった。多くの男性陣はただ驚くばかり。圧倒された。一口で傾斜35度というが、それは下から見ても見上げるほどの急斜面なのだ。そこをなんなく滑るということは並みじゃない。それ以外に滑った、会長の金澤さんを筆頭に吉田さん、羽田さん、新井田さん、田中さんの5人だった。われわれは、午後3時にスキー場をあとにして、まず湯沢の温泉「岩の湯」で汗を流し、途中、横越の味見屋で夕食を取り、水原に着いたのは午後7時半頃か。疲れているにもかかわらず、新井田さん、吉田さん、金澤さんの3人が自らの車を出し、往復運転してくださった。感謝に堪えない。本当にありがとうございました。


 


IMG_1656-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1675-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1677-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1680-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1728-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1681-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1687-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1698-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


IMG_1735-1


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 


 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR