スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ハンバギヌギ」変じて「鴨鍋会」となる

カモ鍋が効いたのか、とにかく26人が参加。はじめて使用した南町町内会館もいっぱいになった。そして、大いにダベリ、カモ汁の味を噛み締めながら飲み食いした。料理に供されたカモは2羽。すべて小川画伯の提供である。1羽は、最近取れたもの。これは買えば15000円もするカモだそうだ。まさに高級品。美味いわけだ。またここには長谷川スミ子さんからマイタケがなんと15パックも提供された。酒の提供も多かった。野村さんから越乃寒梅、花沢さんから濁り酒「五郎八」、吉田さんから発泡酒一箱、金澤会長から缶ビール一箱などなど。その他、漬け物や手作りの料理の提供も沢山あった。皆さん、本当にありがとうございました。そんなわけでカモ汁鍋会が盛り上がらないはずがない。
ここでは、本来出されるべきであったスキーの話はあまり出なく、主として富士山登山の話で沸いた。小林さんから富士山登山の説明があり、つづいて何時登るかが提案された。みんなの考えでは、三日間が必要だろうということになり、それを受けて田中会計部長が、①7月18,19,20日②7月24、25、26日③8月1、2、3日の三案を示して、賛否をもとめた。その結果、一番多かったのが③であった。しかも参加したいという人も20人近く。「これでは大型バスでないと……」との声が出された。「27人乗りのバスだと宿泊費も含め2万円ちょっとなのだが……」との声も……。いずれにしても役員会で正式に決定されるだろうが富士山登山への希望は多いようだ。カモ鍋会では、さらに小川画伯のバレンタインデーにちなんだ余興や吉田さんのハーモニカの演奏などもあった。これがさらにカモ鍋会を盛り上げた。このため、終わったのは午後十時だった。
会長の意図した企画は的中しましたね。時代にマッチしたものになりましたね。「百年に一度の世界的不況」と言われるこんな時代だからこそ、こうした企画はこれからも大いにやりたいものですね、会長!!。よろしく!。


 


IMGP0114-1

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

金ちゃん

Author:金ちゃん
アクロスの故郷は,白鳥で有名な瓢湖のある阿賀野市

最新記事
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。